ぶらりうぉーかー

ぶらりお散歩とプチ旅の参考書です。

【東京都千代田区 日枝神社】千本鳥居も魅力の赤坂の超パワースポットへ行こう!東京十社(神社巡りのお散歩)

赤坂日枝神社

こんにちは。東京都千代田区にある東京十社でもある日枝神社に行ってきました。
政治の中枢の永田町にある神社で、すぐ近くに国会議事堂もあります。国会議事堂の見学も兼ねたこの界隈の散策も一興ですね。

主祭神

・大山咋神
(おおやまくいのかみ) 

ご由緒

創建不詳であるが、文明10年(1478年)、太田道灌公が築城するにあたり、鎮護の神として川越山王社を勧請したのが始まりとされる。
(引用元:日枝神社HPより) 

見どころ

山王鳥居(裏参道)

赤坂日枝神社

外堀通りの山王下(日枝神社入り口)の交差点にある山王鳥居です。人出も交通量も一番多い場所にあり、表参道っぽいのですが、裏参道。エスカレーターまで付いている参道でビックリさせられます。

山王鳥居(西参道)

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

山王鳥居(表参道)

赤坂日枝神社

男坂と呼ばれる階段を上ると隋神門がある『表参道』です。鳥居の向こうに見えるビルは、APAホテル。 周辺の大きな通りである外堀通りからも離れており、車も少ない為、雰囲気的には『裏参道』っぽいです。 

隋神門

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

『日枝神社』は、赤坂のど真ん中の小高い丘の上にあります。高層ビルに囲まれた様が、都会の神社っぽくていいですね。

隋神門から拝殿を見る

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

本殿や拝殿は国宝であったが、東京大空襲により焼失し、現在の社殿は昭和30年代に再建されたものらしい。境内は格式の高い雰囲気を感じます。

神猿像

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

『日枝神社』は、狛犬のかわりに『猿』が置かれています。大山咋神が山の神と言う事もあり、山の守り神でもある猿が使いになったとか。また『さる』と言う言葉が、『勝る(まさる)』とか「魔が去る(まがさる)」につながる為、勝運や魔除けの神として置かれているとの事。本殿に向かって左側の子猿を抱いているのがメスの神猿像です。子宝や安産のご利益があると言われています。そして、右側がオスの神猿像で、商売繁盛、出世開運などにご利益があると言われています。
(引用元:日枝神社HPより)

末社

赤坂日枝神社

末社の『山王稲荷神社』と『猿田彦神社』『八坂神社』です。『山王稲荷神社』は、現在地が福知山城主松平主殿頭忠房の邸地であった頃、邸内鎮守の神として崇敬され、1659年の日枝神社遷座の際に再建されたとの事。

山王稲荷神社の鳥居とのぼり旗

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

すごい数の奉納のぼりが絵になっており、写真を一枚。『山王稲荷大神』は、様々な生業の繁栄、あらゆる願望に応え、防火防災の神としても崇敬されているとの事。

千本鳥居

赤坂日枝神社

赤坂日枝神社

日枝神社参拝の見どころのひとつである『千本鳥居』。西参道の山王鳥居の近くにあります。都内にある『千本鳥居』としては比較的、距離が長いものかと。『千本鳥居』には何故か心躍らされます。

基本情報

・名称:日枝神社
・住所:東京都千代田区永田町2-10-5
・電話:03-3581-2471
・駐車場:あり
・公式HP:https://www.hiejinja.net/

アクセス

〇東京メトロ/千代田線
『赤坂駅』出口2より徒歩3分
『国会議事堂駅』出口5より徒歩5分
〇東京メトロ/南北線・銀座線
『溜池山王駅』出口7より徒歩3分
〇東京メトロ/銀座線・丸ノ内線
『赤坂見附駅』より徒歩8分

Google Map