ぶらりうぉーかー

ぶらりお散歩とプチ旅の参考書です。

【生田緑地ばら苑】多摩丘陵の森林に囲まれた”バラの園”に行こう!

こんにちは。今回は川崎市多摩区にある『生田緑地ばら苑』のご紹介です。
2002年に閉園した小田急電鉄系の遊園地「向ヶ丘遊園」内にあったバラ苑は、遊園地とともに無くなるはずだったのですが、たくさんの存続を求める声により川崎市に移管、多くのボランティアの方々の手によって育てられたバラを春と秋に期間限定で公開する『生田緑地バラ苑』として現在に至っています。
春は約800品種、3,300株、秋は約600品種、2900株のバラが咲き乱れます。

『生田緑地ばら苑』の最寄りの駅は、小田急線「向ヶ丘遊園駅」。徒歩13分ほどで「ばら苑」正面ゲートに到着します。

ばら苑アクセスロード

「向ヶ丘遊園駅」からばら苑の正面ゲートに至るまでの川沿いに「ばら苑アクセスロード」という遊歩道があります。昔、「向ヶ丘遊園駅」から遊園地まではモノレールで結ばれていましたが、その跡地に緑地が整備され、一部区間にはバラが植樹されるようになりました。

この遊歩道が思いのほか、見事でした!ボランティアの方々がお手入れをしているようですね。公共交通機関を使って「向ヶ丘遊園」から歩かれてアクセスされる方は、「ばら苑」までの道のりを楽しめると思いますよ。

『生田緑地バラ苑』正面ゲートの隣りには、「藤子・F・不二雄ミュージアム」があるので、「ばら苑アクセスロード」にはパーマンやチンプイなど、藤子・F・不二雄氏のキャラクターのモニュメントが何体か設置されています。探してみて下さいね。

『生田緑地ばら苑』開催中ののぼり旗。ボランティアの方たちが造り上げているバラ園というのがスゴイ。

正面ゲートからばら苑へ

正面ゲートから「ばら苑」に辿り着くまでが少し長いです。こんな感じのアスファルトの坂道と森の中に整備された階段の小道を5~7分ほど上っていきます。なお、足の不自由な方などを対象に「ばら苑」に隣接した駐車場まで送迎ワゴンが運行しているようです。
入苑は無料ですが、市民や来苑者の方と共に「ばら苑」のバラ育成を図ることを目的に設立した「ばら苑募金」への協力をしましょう。
駐車場は開催期間中、臨時駐車場を設置、有料で駐車できますが、駐車スペースは60台くらいなので、土日祝はすぐに埋まります。

生田緑地ばら苑

森を抜け視界が開けると「ばら苑」が姿を現します。見晴らしのよい場所から「ばら苑」全体を見渡せます。思っていたよりも広いです!

苑内案内図

「ばら苑」は多摩丘陵の高台にあり、まわりは樹木で囲まれています。まさか丘の上がこんなになっているなんて予想外!「秘密の花園」とも呼ばれているようです。

殿堂入りのバラ

世界バラ会議において、加盟国41か国の投票により、3年に1回、「殿堂入り」のバラが選定されています。そんなバラの17品種が『生田緑地バラ苑』で栽培されているとの事。

広い苑内はバラの花でいっぱい!例年、5月中旬から下旬に見頃を迎えます。

これだけ広い敷地のバラの栽培や剪定、いったいどれくらいのボランティアの方々が携わっているんでしょうね。ホント見事!

ここはパーゴラの下に咲くバラのコーナー。

バラ園ではお馴染みのギリシャ神話風のオブジェが点在しており、撮影スポットになっています。ギリシャ神話に登場する神々とバラにまつわる話が色々あるので、バラ園での定番オブジェなんでしょうね。

ロイヤルコーナー

皇族の方々の名前をつけたバラのエリア入口。

このエリアもギリシャ神話の像とバラのコラボが美しい、撮影にはピッタリの場所です。

白いラティスに絡まる色とりどりのバラが綺麗です!

ちなみに昨年の『生田緑地ばら苑』の入場者数は約69,000人、バラ育成などに充てられる「ばら苑募金」で集まった金額は約370万円との事。市民が造り上げているバラ園として末長く続けていって欲しいですね。
自然豊かな「生田緑地」は、ばら苑以外にも「岡本太郎美術館」や「日本民家園」などの文化施設もありますので、色々と活用できる緑地公園です。今回は春の『生田緑地ばら苑』の散策でした!

基本情報

・名称:生田緑地ばら苑
 ※春秋の期間限定公開
 ※2024年春:5/9(木)~5/26(日)
・住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1旧向ヶ丘遊園内
・電話:044-978-5270(開苑期間のみ)
・開苑時間:土日祝9時~16時30分
      平日10時~16時30分
・入苑料:無料(ばら苑募金に協力)
・駐車場:あり(有料)
・HP:生田緑地ばら苑
・アクセス(正面ゲートまで)
-小田急線「向ヶ丘遊園駅」から徒歩約13分 
-JR南武線「宿河原駅」から徒歩約23分
 ※正面ゲートからばら苑まで徒歩約7分
 ※バス利用の場合は「藤子・F・不二雄ミュージアム」下車